岡山県井原市芳井町吉井963   
  0866-72-1723

ブログ ときどき日記

アイシング

ある友人が、先日手首が痛いという
湿布をまいて包帯をしていたのだが、いやいや腫れてるし、発赤あるし、アイシングしようというと「アイシング?」という感じだったので、アイシングのお話です。

 スポーツの選手がやっているのをよくみます。

プロ野球の投手が投げ終わった時のインタビューで、肩に何か巻いて大きく膨らんでいるのも

その中はアイシングの氷が巻かれています。

一般の人にも有効なものですが、あまり浸透していないようです。

炎症の5大兆候「発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能障害」をいう
言い換えると「赤い、熱持ってる、腫れてる、痛い、ちゃんと動かない」

と一応定義はありますが、急に痛くなったら、まず冷やしましょう。

そこで冷やす=シップではなく、冷やす=氷にしましょう。

また急に痛くなったのではなくても、日常的に気になるところケアとしても有効です。
痛みを抑える効果としては温めるのと、冷やすのではどちらも同じなので、
シップではなくアイシングしたり、またはカイロや蒸しタオルなどで温めるなどしましょう。

気持ちいいと思えるほうでいいと思います。

シップはやはり薬品ですから、やりすぎると体が慣れてきますし、効果が薄れてくると思いますので、ここぞという時に取っておきましょう

アイシングやり方
 ①痛くなる(「ジーン」とくる痛み)
 ②暖かい感じ(短い間だが、「ポッ」とする感じ)
 ③ピリピリする(針でつかれるような感じ)
 ④感覚がなくなる(冬の寒い日に、つま先の感覚がなくなる感じ)

感覚的にはこの4つの段階があるようです。
④の感覚になるには個人差があるが20分が目安です
*もともと冷たい刺激や皮膚が弱い人は凍傷に注意しましょう

ケガをした日と次の日は・・・
アイシング(20分)→休憩(60分)→アイシング(20分)→休憩(60分)・・・
をケガをした日を含めて2~3日は続ける。出来ない間(寝ているとき、仕事中、授業中など)は湿布をしましょう。

 年配の方などは冷やすのを嫌がれますが、こけてたりして打撲したらシップではなくまずアイシングを!

  Facebookページ
  About

当院は天神峡すぐそばで自然が豊かなくつろぎの鍼灸治療院です。予防医学を推奨していますので「痛くなくても来ていいんです。」これからの痛みに備えたケアを提案致します。

  連絡先
  ひろ治療院

〒714-2111
岡山県井原市芳井町吉井963

Tel : 0866-72-1723
受付時間 : 9:00 - 20:00