岡山県井原市芳井町吉井963   
  0866-72-1723

ブログ ときどき日記

第1回学術講習会 -水分補給ー

岡山県鍼灸医学会の第1回学術講習会に行ってきました。

4つの演題がありました。その中の一つで身近なところの「水分補給」についてお話します。

今日の山陽新聞にも今月だけで250人が病院に搬送されたという記事が載っていました。

水分補給はスポーツ選手だけでなく、一般の人にも大事なことになっています。

           体に吸収されやすく、ベストな飲み物は

               ●温度  5~10℃

               ●糖分  2~3%

               ●食塩  0.2~0.3%

だそうです。

市販のスポーツドリンクは糖度がだいたい5%。なので半分に薄めて使うほうがいいのですが、塩分が少ないそうです。

なかなかこれに当てはまる市販のものはなかったそうですが、大塚製薬が「OS-1」というスポーツドリンクは上記の条件にだいたい当てはまるそうです。(早速注文してみました。)

水だけだと体外に出やすいので、マラソン大会などの市民ランナーは水の摂りすぎで、体内塩分濃度が下がり「低ナトリウム血症」になりケイレンなど起きやすいそうです。

              どのタイミングで摂るかは

                 ●30分毎に200~300mlぐらいずつこまめに摂ることが大切です

「のどが渇いた」はもう体が危険信号を送っているのです。のどが渇く前に摂ることが大切です。

外で作業する時や運動前は500mlくらい摂っておきましょう。動き始めが体温調整するため多くの汗が出るので、あらかじめ出る分を摂っておきましょう。

特にスポーツ選手は汗の量も多いので、運動前後の体重変化を体重の2%(60kgだと1.2kg)以内に抑えるようにしないと、深部体温が上昇してしまいます。

室内でじっとしていても汗は自然と出ています。こまめに水分補給して熱中症にならないようにしましょう!!

※補足※ 

気温が身近な数値ですが、最近はWBGTという数値があります。

WBGT(湿球黒球温度)とは、人体の熱収支に影響の大きい湿度、輻射熱、気温の3つを取り入れた指標で、乾球温度、湿球温度、黒球温度の値を使って計算します。

※WBGT(湿球黒球温度)の算出方法
 屋外:WBGT = 0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度
 屋内:WBGT = 0.7×湿球温度+0.3×黒球温度

  Facebookページ
  About

当院は天神峡すぐそばで自然が豊かなくつろぎの鍼灸治療院です。予防医学を推奨していますので「痛くなくても来ていいんです。」これからの痛みに備えたケアを提案致します。

  連絡先
  ひろ治療院

〒714-2111
岡山県井原市芳井町吉井963

Tel : 0866-72-1723
受付時間 : 9:00 - 20:00